0円で美才学

Webで美才学 脅威と戦う美才学 ゼミで美才学 美才学の目標

 まず美才とは、一言で言うと客観的な見方を継続できる知能と定義します。 少し論理的に表現すると「【美才】=【五感で心地良く感じる事】÷(【文化(culture)の身体化】×【国汎化文明(civilization)】)」 となり、これらには特に決まりもなく美しさには終わりもありません。 つまり今活きて行く環境で自分の役割を再定義し続けられるかどうかとなります。
 多くの人は、時代の変化から逃れ、「凍り付くような世にも不思議な価値観」と「誇りまみれの固定観念」と「錆びついた思い込み」で 生きていますので、これらを破棄し客観的に考え続けられる学びを美才学とします。
 反対語は洗脳学(対岸認知症)と定義しています。生まれた時は誰も美才であったが 次第に誇り高き固定観念に埋もれて行ってしまいますので、硬くなった頭脳を緩める学びが必要になると考えます。

Webで美才学

《客観的に受けとる》更新日:2019/09/02

脅威と戦う美才学

《客観的に考える》更新日:2019/09/04

ゼミで美才学

《客観的に判断する》更新日:2020/03/25

美才学チェックシート

美才学(楽)
チェックシート

学びの後からは、富が付いてくる!


学びを怠る人からは、富が逃げて行く!

eleven [CH] channels の中で状況に応じた戦略と覚悟をもって挑戦することが重要です。
そのような方を美才都パソコン道場は応援しています。

Presented by
 Charming Brain

美才都パソコン道場のこだわり

専門用語を喋りまくる

専門用語を喋りまくる

突然のメッセージにパニクったりしませんか、専門用語では理解に苦しむことも多々あります。 そんなメッセージもいずれ理解できるようにインストラクターは専門用語を喋りまくります。

実践を重視した操作指導

実践を重視した操作指導

例えば、ショートカットメニューやショートカットキーを多用することによってソフトがバージョンアップして メニューが見つからなくても殆んどの操作はショートカットで間に合ってしまいます。

実体験で学べる教材

実体験で学べる教材

実体験をしながら自然と多くの機能を習得できる画期的な教材を使用していますが、さらに 身に付き易いように「基礎を論理的に理解し応用を自ら考えて頂く」指導も行っています。

演習問題で応用力を強化

演習問題で応用力を強化

教室では、時間が限られるためにどうしても通り一辺倒な内容になってしまいがちですが、 演習問題に挑戦する事により自然とアプリケーションの操作や応用方法に馴染む事ができます。